毎年、この時期になると10万人もの方が奈良を訪れます。

第71回正倉院展。

 本年の正倉院展は、北倉14件、中倉8件、南倉17件、聖語蔵2件の41件の宝物が出陳されます。そのうちの4件は初出陳です。正倉院宝物の全体像がうかがわれる構成となっておりますが、天皇陛下の御即位を記念し、正倉院宝物の成り立ちと伝来に関わる宝物や、宝庫を代表する宝物が顔を揃えることが特筆されます。

今年は41点の宝物が出陳です。41点の宝物・・・「宝物」ってすごい響き。

ワンピースとか、ドラクエでしか聞いたことないです。

 

実は、毎年行こうと思っているんですけど、こういうのって事前にある程度知識が無いと楽しめないかな?と思っているので、いったん公式H.P見るじゃないですか。

そうすると、

聖武天皇・光明皇后ゆかりの品を伝える北倉からは、『国家珍宝帳(こっかちんぽうちょう)』の筆頭に掲げられた「御袈裟合玖領」のうち七條刺納樹皮色袈裟(しちじょうしのうじゅひしょくのけさ)が出陳されます。

とか、出てくるわけです。

で、「聖武天皇ってどんなお方でしたっけ?」となり、ウィキペディアで調べると

文武天皇の第一皇子。母は藤原不比等の娘・宮子。    出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

とか、出てくるわけです。

で、「文武天皇ってどんなお方でしたっけ?」となり、ウィキペディアで調べると

草壁皇子(天武天皇第二皇子、母は持統天皇)の長男。        出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

とか、出てくるわけです。

で、「草壁皇子ってどんな・・・」

となり、あっと言うまにいちにちが過ぎてしまいます。

そんなパターンが41個分。気付いた時には毎回終わってます。正倉院展。20日間もやっているのに。

 

そんな(勝手に)難易度高めの「第71回正倉院展」。

期間中はまだお部屋に空きがありますので、ぜひ秋の奈良にお越しくださいませー。